生理用ナプキン

みなさん、生理用ナプキンは何を使っていますか?

最近オーガニックナプキンを扱う薬局さんも増えてきましたね。嬉しいことです♪

「”ケミカルナプキン”が良くない 」 と言われている理由ですが、表面はポリエチレンやポリプロピレンという不織布でできていて、中の部分には高分子吸収ポリマーという”熱冷まシート”にも使われている吸収剤が使われています。熱冷まシートを使った方はお分かりかと思いますが、冷たくするものなので、それを膣の部分にあてると内臓が冷えてしまう、と言われてます。 なので、ケミカルから布ナプキンに変えるだけで冷えや生理痛が軽減した、という方がいらっしゃいます。

ケミカルナプキンは消臭剤や香料などたくさんの化学物質が使われていて、ポリエチレンなどのプラスチックには製造過程でもたくさんの有害物質が使用されているので、このたくさんの環境ホルモンたちが生殖機能に悪影響を与えると言われています。

膣は経皮吸収率が腕を”1”としたときに、膣はなんと”50倍”近く高い吸収率です。ですのでケミカルナプキンはもちろん、タンポンがちょっと怖いよね、と言われているのはこういったことが理由となっています。

私もかれこれ30年ほど前に初潮が始まってからずっとケミカルナプキンを一回の生理で1袋半ほど使っていましたが(それしか存在を知りませんでした)、23、4歳の頃、生理痛がひどすぎる私をみかねた母が心配して布ナプキンを買ってくれました。その頃の布ナプキンは今のようにかわいい柄や色々な布の種類はほとんどなく、四角く分厚い布だったので折りたたむとおむつみたいにモコモコしていたので家では布ナプキン、外出するときはケミカルを使っていました。なので生理痛が劇的によくなった!ということはなかったのですが、布ナプキンを付けると温かさは感じていました♨ 未だに母に買ってもらった布ナプも使っています(^^)

布ナプキンは、慣れるまで洗うのが面倒なイメージがあるのでハードルが高いと思っておられる方もいらっしゃると思いますが、アクリルウォッシュに浸けておけば経血はきれいに落ちてくれます。

あと知り合いに教えてもらったのですが、簡単な簡易布ナプを皆様にもご紹介いたしますね♪

これはかなり簡単で手間にもならないはずです♡ いらなくなったタオルやTシャツをある程度の大きさに切って折りたたみ、ナプキンに乗せてそれを膣にあてる方法ですと漏れや経皮吸収も気にせずに過ごせるます(^^)v 取り替えるときもケミカルに経血が染みていなければ布だけを変えればよいので楽ちんです♪(本当はそのまま捨てたり、雑巾になるはずだったTシャツやタオルたちもここまで使かってもらえたら本望なはずですよね 笑)

布ナプキンに変えていただくと、最近耳にする方もいらっしゃると思いますが、経血コントロールもだんだんと自然にできるようになっていきますし、お肌かぶれや生理時の匂い問題も解決されます(^^)v

身体にも環境にも経済的にもとっても優しい「 布ナプキン」♡

「試してみたいけどちょっとな。。。」と思っている方はまず”簡易布ナプ”から是非お試しくださいね!   

(写真の布ナプキンは八丈島に住んでいるお友達”ツキノハナ”さんのオーダー布ナプキンです(^_^)/~)

関連記事

  1. マスクの中の美肌対策

  2. カラダのために梅雨時期にできること。

  3. 腸活&妊活&免疫力アップ&美肌活 

  4. 今日は冬至

  5. 蕎麦湯は捨てちゃだめー!!もったいなーい(>_<)

  6. イチジク