経血カップ

温泉やプールに入る日に生理が当たってしまったとき、私も以前はしょうがなくタンポンを使っていましたが、今は経血カップを使っています。

タンポンは長時間放置すると黄色ブドウ球菌によって引き起こされる細菌性感染症という毒素性ショック症候群を引き起こさせてしまう恐れがあります。これはひどい場合毒が回ってしまった体の一部を切断しなければならなくなったり、死に至るケースもあるとても怖い病気です。経血カップは、医療用シリコンが大半ですので体内に入れても安心で、平均して10~12時間装着可能、細菌性感染症にかかるリスクも抑えられます。

経血量はもちろん個人差がありますが、だいたい一度の生理期間で20ml~140mlが平均的な経血量と言われています。 (ずいぶん差があるように感じますね 笑)

自分の経血を確認することはなかなかないと思いますが、経血カップではそれが簡単にできてしまいます(^^)

~使い方~

先ずは、カップを煮沸消毒し、手もきれいに洗います(爪の間も!)。そして、カップの先を折りたたんでググッと膣へ押し込み、入りきったところで指で押さえていた部分を離しカップを広げます。(広がらない場合は少し出し入れすると広がってくれます。)

取り出すときはまた手をきれいに洗い、膣に少し指を入れカップ部分をへこませてゆっくりと取り出します。

「おー!!これが私の経血か~♡」

という感じ 笑

取り出した経血はそのまま便器に流しましょう。外出先などでは、汚れてしまった手やカップを洗うペットボトルの水を持っていくと安心かと思います。

慣れるまではなかなか入れられなかったり、ちゃんと入ってなくて違和感を感じたり、抜き取るときも焦ってズボッと無理やり引っ張り出してしまうことがあるかもしれませんが、使ってしまってみれば楽ちんポンです♪

お値段は2000円くらいからで、私はドイツ製のメルーナさんのSサイズを使っていますよ。

経血を見ることで自身の体調を管理することができます。自身の身体を知ることは何よりも大切です。 布ナプキンもそうですが、繰り返し使用できるので身体にも環境にもお財布にも優しいのもとても魅力的♡

みんなにやさしくなりましょ♡

関連記事

  1. 3月のキャンペーン

  2. 蕎麦湯は捨てちゃだめー!!もったいなーい(>_<)

  3. カラダのために梅雨時期にできること。

  4. maar のおうちでお手当。「からだのためにやっていること」…

  5. なつめ(棗)

  6. maarでの妊活サポートケア

  1. 2021.04.11

    クリニックによるWEBセミナー

  2. 2021.04.09

    Bスポット療法

  3. 2021.04.02

    卵管造影検査

  4. 2021.03.29

    4月のキャンペーン

  5. 2021.03.26

    桜満開 

  1. 2019.12.12

    骨盤軸整体10名モニター募集