11年経って

3.11

私は当時仙台の自宅で母と一緒に居ました。

宮城県は地震が多い地域なのでそんなに驚きはしないのですが、あの地震はさすがに震えました。海の方ではなく、山側に住んでいたので大きな揺れだけでしたが、長い揺れが治まった瞬間、これまで見たことのない真っ黒な空になったのが忘れられません。「終わった…」と思ってしまうほどでした。

津波を知ったのはラジオから。

「荒浜の海岸に数百の遺体が上がっています」

”耳を疑う”ってああいうことなんだろうな。

実は昔からあまり地元が好きではなかったのですが、「宮城県が壊れちゃう」と、心臓がバクバクしました。

11年経っても福島の方は故郷に帰ることができずにいると思うと、本当に心が痛みます。福島は美味しい食べ物の宝庫で、今でも私は桃は福島が1番だと思っています。

今、悲しいことに戦争が起こってしまっていますね。

自然災害は止められないけど、戦争は人間自ら起こしている災害。

故郷を奪って生活を、人生をめちゃくちゃにしてしまう戦争。

どうしてこの時代にそんな考えに至るのか、まったく理解ができません。

一日も早く、世界中の人たちが故郷で安心して暮らせる世の中になってほしい、と心から願います。

関連記事

  1. あなたは誰かを照らす光です

  2. 年末年始のお知らせです

  3. 桜満開 

  4. 何を食べるかではなく、誰と食べるか

  5. こっそりと・・・

  6. コロナウィルス感染予防!!

  1. 2022.06.05

    産院での施術

  2. 2022.06.03

    PCR検査陰性

  3. 2022.04.24

    ゴールデンウィークの営業

  4. 2022.04.21

    PCR検査陰性

  5. 2022.04.01

    PCR検査陰性

  1. 2019.12.12

    骨盤軸整体10名モニター募集